Home > おならを我慢

おならを我慢するのはよくない

おならは我慢すればよいという解決方法は非常に良くないものと言えます。我慢した分はどこかでしっかりと出しておく必要があり、出なくなることと良いものと思ってはいけないことになります。

我慢は体に負担をかける

おならは本来でなくてはいけないものであり、出ないとその分体内に溜まっていくことになります。
出なければいけないものが溜まっているので、当然体はおならを出そうと活発に動いていくことでしょう。

しかしそれでも出すことができないと今度は溜めようと考えることになります。このような状況が続いてしまうと、当然、腸の動きは悪くなり、体の負担は大きくなることになり、良いことはありません。

おならを出して恥をかくとしても、それはちょっとした羞恥心で済ますことができますが、我慢をしてしまい健康を害してしまっては羞恥心で済ますことはできなくなってしまいます。

おならコントロールするな!

おならは意外とコントロールできないものと言えるでしょう。それを我慢するというのは無理やりコントロールすることになります。当然体に負担をかけることになります。

また無理やりなコントロールをしてしまった後では、本来の自然的な動きを誘導することは難しくなり、出したいときにも出せなくなる状態になることもあります。

当然便秘などにもつながってしまうこともあるでしょう。おならが悩みになりストレスになってしまうこともあります。腹痛や内臓の圧迫感などを訴えるようになってくることもあります。長期的にそのようなことが続くと、内蔵にかかる負担もだんだんと大きくなってしまうと言えるでしょう。

Copyright © おならが臭いのは腸からの危険信号 All rights reserved