Home > 良いおならと悪いおなら

良いおならと悪いおなら

いろんなことに良い悪いがあるように、おならの世界にも良いおならと悪いおならがあります。おならは基本的に出して良いものであり、むしろ出した方が良いものと言えます。そのため基本的におならは健康のためにあると良いものであり、なくてはならないものと言えるでしょう。

しかしそんなおならでも悪い存在になってしまうことがあります。それは臭いおならです、誰でも臭いおならをしてしまうことはありますが、あまりにも臭すぎる場合には注意が必要です、周囲の人を不快にさせてしまうだけでなく将来的に自分が大きな損をしてしまうことになる場合もあります。

おならの臭いを自分でかぐことはできないかもしれませんが、それでもおならに対して関心を持っておくことは必要です。臭いと感じたときにはその原因となるようなものがないか探して見るのも良いでしょう。

前日の食事などが影響していることも良くあります。長期的に強烈な臭いがあるような場合は医者に診てもらったほうが良いかもしれません。この悪いおならですが、ある意味この悪いおならも必要なものと言えます。このおならの臭いのおかげで不調を自覚することが出来る場合も多くあります。基本的におならは良いものであり、臭いや頻度によっては注意してみなければいけないと思っておくと良いでしょう。

おならをすることで周囲の人は嫌な顔をするかもしれませんが、音がしないようにしておならをしている人は無数にいるものです、音がしてしまった時は偶然してしまったと気軽に考えていくことも、健康には必要になります。

Copyright © おならが臭いのは腸からの危険信号 All rights reserved